武田 耕平

 1987年生まれ。
 10歳よりケーナ、サンポーニャを始め、中学高校時代から様々なミュージシャンと交流、地元イベントなどでの活動を始める。

 2006年より老舗フォルクローレバンド「グルーポ・カンタティ」に加入、プロ活動を始める。

 ボリビア音楽の演奏の他に、オリジナル曲の作曲や、様々な楽器ジャンルとのセッションも行なっており、ポピュラー音楽やテレビ,

 アニメ音楽等のレコーディングにも参加。

 ケーナ、サンポーニャをはじめリズムギターなどでのサポート活動も行う。

 

 現在参加中のバンド

 5th Ave、東京リャマ計画、グルーポ・カンタティ、あれぐりあ大陸

  • 2006年 フォルクローレグループ「グルーポ・カンタティ」のメンバーとしてプロ活動を始める。
  • 2007年 ボリビア多民族国大統領エボ・モラレス氏の来日歓迎レセプションにて演奏。
XBOX360ゲームソフト「ロストオデッセイ」の音楽に参加 。
  • 2007年、2008年には、ボリビア人でサンポーニャ奏者の最高峰フェルナンド・ヒメネスとグルーポ・カンタティのツアーに参加。各地で好評を得る。
  • 2010年 グルーポ・カンタティのベストアルバム「25年の軌跡」の録音に参加。
  • 2011年 この年からアルパ奏者のルシア塩満氏のコンサート、ライブに出演。
  • 2012年 以前より大ファンであったフォークシンガー・南こうせつ氏のコンサートに飛び入り出演。
    
8月、テレビ東京系列で放送された「プレミア音楽祭2012」にて、太田裕美氏、南こうせつ氏、山本コウタロー氏のバックでサポート出演。
      
BSフジの「beポンキッキーズ」内のアニメ「ロンゴマックス」の音楽に参加。
     
グルーポ・カンタティのアルバム「陽だまりのささやき」の録音に参加。ボリビア、サンタクルスでの録音でオリジナル曲2曲も収録。
  • 2013年 NHKのラジオ番組「地球ラジオ」にルイス・カルロス・セベリッチ氏と共に演奏で出演。
  • 2014年 テレビ朝日系列「若大将のゆうゆう散歩」に出演。
  • 2017年 アルパ奏者のイスマエル・レデスマ氏&ルシア塩満氏のコンサートに参加。
  • 2018年 2017年に続きイスマエル・レデスマ氏&ルシア塩満氏のコンサートツアーに参加。

  • 2019年5月 桑原健一、牧野翔、山田メイとともに「東京リャマ計画」結成。
         7月 以前よりセッションの様な形で活動していた石川雅康(パーカッション)、石井圭(ベース)、白山貴史(ギター)小針彩菜(スティールパン)武田耕平(ケーナ,サンポーニャ,チャランゴ)の5人編成のバンド「5th Ave(フィフスアベニュー)」 が活動スタート。

  • 2020年7月 新型コロナウイルスに翻弄される中生まれたバンド「あれぐりあ大陸」の活動がスタート。メンバーは石川雅康(パーカッション)、北沢りか(フルート)、山田メイ(ピアノ)、武田耕平(ケーナ,サンポーニャ,ギター)、小針彩菜(スティールパン,マリンバ)
                 8月 5th Ave 1stミニアルバム「風景を描く音楽会」発売。
       9月 東京リャマ計画1stアルバム「1er paso」発売。 
  • 2021年1月 アニメ「ゆるキャン△season2」の劇伴BGMに参加(サウンドトラックCD発売中)